忍者ブログ
Admin / Write / Res
日記、サイト運営に関する諸々及びPBWゲームへの呟きをつれづれなるままに。
<< 08   2017/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミクシィの日記とも言えぬ日記をご覧になった方は
ご存知かと思いますが。

先日、友人が亡くなりました。
私と同い年でした。

そもそもは、新田さんの相方さんで、新田さん
つながりで会って、そのまま友達になりました。
もう四年くらい会っていない友人でしたけど、
笑顔の素敵な、可愛い、今でも笑っている顔しか
思い出せない友人です。

元々難病を抱えていたらしいのですが、会うごとに
元気な顔ばかり見ていて、このまま大丈夫だろう、
なんて思っていたくらいで、その話を新田さんから
聴いた時、一瞬何のことか判らなかったくらい唐突でした。

「私より哀しんでいる人はたくさんいるのだから、
私が泣くのも、哀しむのも、言葉にして悼むのも
おこがましいのではないか」
そう思っていたのですが、我慢しきれずにミクシィに
書いた散文を見て、新田さんがありがとうと言って
くれました。

私が彼女を好きだった、今でも好きだという気持ち、
もう会えないというやるせなさは、誰にも否定出来ない
ことなのだから、何も悪いことはない、と、それで
判りました。

可愛い、素敵な人でした。
今でも、わたしの脳裏では、彼女は笑ってくれています。
今でも、わたしは彼女のことが好きです。

お別れだけれども、それが最後ではないのだと、
会えないけれど、何もかもがなくなるわけではないのだと、
救いや慰めとはつまりそういうことなのだろうと思いました。


出会ってくれてありがとう、と、
ゆっくり休んでください、とを、伝えたいです。

そして、やっぱり、生きることは素晴らしいことで、
誰に変わってもらうことも出来ない大切なことで、
権利と義務とアイデンティティが入り組んだ、私にしか
出来ないことなのだと思います。

それを、もっともっと伝えられるようになりたいですね。
その根本は、私の創作の原点でもありますから。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/09 神崎真]
[03/15 犬井ハク]
[03/15 NONAME]
[09/03 一夜]
[08/05 Nina]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
犬井ハク
HP:
性別:
女性
職業:
似非教員
趣味:
創作全般
自己紹介:
血まみれバトルFTと手作り全般、マイナー音楽と犬と本を愛する頑固者。どんなときも、どこにいてもイヌハク節全開、いつでも一直線に全力疾走(急には曲がれない)。
偏屈ですが人間は好きです。おだてられたり褒められたりするとテンションと作業速度がアップします。よければ声をかけてやってください。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(02/26)
(02/27)
(03/01)
(03/03)
(03/04)
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  いぬのあしあと。 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]